チュラロンコンMBAの主要3科目

MBA

こんにちは。
今日はチュラロンコン大学MBAで学ぶ科目の内、主な3科目について書いていきます。

チュラMBAでコアとなる内容

これは、早速ですが、戦略、マーケティング、アカウンティングの3つです。
なぜこの3つが特にコアとなるかというと、これらが先日終了した「卒業試験(Comprehensive Exam)」の科目であり、
つまりチュラロンコン大学として学生にしっかり学んでから卒業してほしい内容と言えるからです。

Comprehensive Examとは

2年間で学んだ内容を最後に測る試験です。
タイでは学部を卒業する際にもこのComprehensive Examがあるそうです。

世界的にみて一般的なのか知らないのですが、個人的には最後にペーパーテストがあるのはちょっと意外でした。

チュラMBAの特長とComprehensive Exam

以前の私の記事にも書きましたが、チュラEnglish MBAは欧米のアイビーリーグやアジアでも有名なMBA (NUSとか) とは異なりフルタイムは無く、基本的に平日の夜間授業のみの開催です。

会社に通いながらキャリアアップを目指す20代中盤~後半のタイ人が集う場なので、起業家というよりは実務家を育成する場の印象が強く、起業に関する授業はほぼありません。

(唯一、スタンフォード卒の講師がやっている授業はスタートアップに近かったですね。さすが今をときめくスタンフォードって感じですね。その講師はNoonswoonというマッチングアプリを作って売却してました。)

既存の会社をいかに評価し、よい方向へ向かうかという事のベクトルが強い、そんな特色のあるMBAです。
その為、知識の確認のためComprehensive Examというハードルがあり、科目もそれに近づけているのかもしれません。

さて、そんなチュラMBAで中心となる科目は

戦略
マーケティング
アカウンティング

の三つです。

その他に
統計
生産管理 (Just In Time,、Kaizen、ロジスティクスとか)
リーダーシップ/HR
コミュニケーション
キャピタルマーケット
プロジェクト投資判断

コミュニケーションの授業/ロールプレイング風景

とまぁこんな感じで色々な授業があるのですが、
基本的には最初に述べた3つが中心です。

さて、それぞれどんな内容を学ぶか、ざっくり書いていきます。

戦略 / Strategic Management

経営戦略です。MBAで学ぶイメージが一番あるかもしれませんね。
2年目から授業があり、具体的には以下を学びます。(共通科目/全員が履修する)

・イシュー、問題の特定

・外部環境の評価 (PESTELやFive Force)

・内的環境の評価 (Value ChainやBuilding Blocks)

・それらを掛け合わせたSWOT分析

・SWOT分析から導き出す機能/ビジネス/会社全体の戦略の立て方

チュラMBAでは珍しく、かなり長大かつタフなケーススタディがあり、
2ターム分(16週間)を使って各チームで2つずつのケーススタディを行いました。

ケーススタディはグループで行うので、基本的に上記記載内容の内自分のパートを中心として行います。そのため、2つのケースで似たようなことしかやらないとあまり身になりません。
プレゼン、レポートの長さはそれぞれ200ページほどになりました。

戦略の授業風景/左に座っているのが教授です。

Strategic Management の授業のメリットは、(ちゃんとやれば)戦略の一部分ではなく全体を見られるようになる事です。

駐在していると一段上の職務を任せられることも多いでしょうし、どこからスタートすべきか、考える軸ができます。

現地採用でも、支店の戦略を立てている際に意見を求められるかもしれません。そんな時に、「そもそもスタートすべき点、議論すべき点」を考えるのに役立つと思います。

学部時代に学ぶことがあっても、職場に出るまでに忘れてしまったり、活かせるようになるまで数年掛かってしまったり、社会人になってから全体像を洗いなおすのは価値があるのではないでしょうか。

マーケティング

私がチュラMBAで学んで一番ためになった内容はこのマーケティングでした。

そもそもマーケは仕事をしていれば誰しもかじった事のある内容ですし、
チュラMBAは経済学部 (Faculty of Commerce and Accountancy) がやっているのであまり期待していなかったのですが、特に2年目の授業はかなりためになりました。

1年目、2年目でそれぞれ授業があり、主に何を学ぶかというと

1年目の共通科目では
IMC/Integrated Marketing Communicationの要素
STP、3C、4Pなどの基本的な分析

2年目の選択授業では
顧客の行動要因の分析 (Consumer behavior analysis)

などを学びます。

マーケティングとは何か、という問いに対し「ビジネスにおける全てです」という答えを一年目の最初に教授がしていましたが、本当にその通りだと思える程、特に2年目の内容は面白かったです。
(正直、1年目の授業は聞いたことある内容が多かったですが。。)

2年目のマーケの授業は、過去の有名な会社CM映像をふんだんに使い、それについて「どんな人の、どんな考えを想起したいのか」を考えることが多く、広告を見たときに考える視点ができました。

2年目のマーケティングの授業/プレゼンと、デコレーションも生徒が行う

アカウンティング

これはイメージがつくかと思いますが、ざっくりいうと経営指標と財務諸表が読めるようになる授業です。
具体的には、

財務諸表の成り立ち/仕訳
財務指標の分析/デュポン分析とか、ROE、ROAとか
(選択) 資金調達手法や金利
(選択) 株式マーケット
(選択) プロジェクトCFの作り方
(選択) 外国為替

などです。

この内、チュラの授業的に重要な部分(最終試験で出る)は最初の二つです。
重要な財務指標を読み、違和感を覚える、または他社との違いを見つけ、それを改善するための施策を考えることが求められます。

まぁこれだけ見ると正直自習でもできる気がしますが、
海外事業に携わる日本人ビジネスマンにとって数字でモノが語れるというのはなかなか大事ですので、自発的に学んだことがない人には良いかもしれません。
割と苦手意識がある方もいるのではないでしょうか。

仕訳を最初にやるのですが、面白くないので苦痛な人もいるかもしれません。笑
日本の簿記と違って英語の省略語はぱっと見で意味が分からないので、この時にちゃんと覚えておくのは結構大事です。APとかARとか、NPとか。

※Account Payable/買掛金、Account Receivable/売掛金、Net Profit/純利益

これらの三科目をMBAで学ぶメリット

ずばり、「集中した期間に体系的に学べる事」です。

ここまでお読み頂き、正直なところ仕事をしていたら当然に聞いたことのあるトピックばかりだったのではないでしょうか。

4Pとか、3Cとか、財務諸表とか、一つも聞いたことない、という人の方が少ないと思います。

経済学部や商学部出身の多くの方ならすで学んだ内容だと思いますし、学びは少ないかもしれません。

一方、私 (法学部出身) のようにあまりビジネスを学んでいなかった場合、新聞やネットを見たり、仕事で必要なことを少しずつ積み上げていったり、本を読んだりしてアップデートしてきたと思います。

私はまさに仕事を通じて断片的にものごとを捉えていたので、今後のキャリアを考えるといろいろなフレームワークや考え方の幹となる部分を知りたいと思っていました。

日々の仕事を頑張りつつ、
「自分のやっている事って、このビジネスや会社の方向性に合っているの?」
「会社の広告が滑ってる感じするけど何でだろう」
「この会社よさそうに見えるけど、転職しても大丈夫かな」

なんて日々不安に思いつつ、仕事に忙殺されている人には良い学びになると思います。

という事で、チュラMBAで学んだメインの三科目についてお伝えしました。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました