学期の制度とスケジュール

MBA

チュラロンコン大学のMBA、スケジュールと学期制について解説します。

※私の受験時、あまりにスケジュールやその他情報が少なかったので、
 会社に勤めながら通えるか心配でした。皆様の受験ハードルを下げるお役に立てれば幸いです。

構内にあるチュラロンコン大王像

書類提出からの流れ

3月中旬           :オンラインで書類提出
4月末               :学部校舎で面接
5月                  :オンラインで合格発表
                        合格率は67名中49名との事。(73%)

6月上旬           :オリエンテーショントリップ (週末2日間)
6月中旬           :プレコース開始 (週2-3日), Game (週末に1回)
                        この間ケーススタディは無い。

7月末               :プレコース終了、テスト
8月中旬           :本コース開始 (週3日)

ショートトリップ

朝7時頃大学へ集合し、バスに乗って2時間ほどの合宿所 (ホテル) 移動します。
最初から知り合いの人はほぼいない (殆どの生徒がそう) ので、
みんな手探りな感じでコミュニケーションを取ります。

タイ人はタイ語で話している人が多かったので、まだ寂しい感じです。
チュラロンコン大王の像の前で集合写真を撮って出発、
1泊2日で様々なゲーム等をしながら親交を深めます。

※この時の内容は全く大事ではありません。
 大事なのは(言うまでもないですが)、新たに出会う50人の生徒の名前を覚えることです。
 しばらくグループワークは無いので、特定の誰かと仲良くなる必要はありません。

プレコースの開始

ショートトリップの翌週からプレコースが始まります。
6月中旬から、平日18時-21時、2科目、8回程度の授業があり、7月末にテストがあります。
(授業は週2-4回。祝日によってずれたりします。)

ケーススタディが無いだけのただのレクチャーって感じです。
Business Conceptは楽勝でしたが、Statistics (統計学) は難しくて度肝を抜かれました。

英語で新しいものごとを習うのは初めてだったので、かなり苦労しました。
ただ、結局細かい計算よりもコンセプトを後々の授業で使うので、

テストに向けて計算の練習をするのは大事ですが、「なぜこれをやるのか」を意識すると良いと思います。
(Standard Deviationとか、6σとか、Skewed Right, Leftとか。)

本コース

プレコースが終わり、2週間程度の休みを挟んで本コースの開始です。
授業は個人アサインメント(宿題)があるもの、グループでやるケーススタディがあるもの等があります。

タイ人はいつの間にかグループを作っているので、仲間はずれになっているかもしれません。
気づいた時に、近くの人に仲間に入れてもらいましょう。

ちなみに、私は各セメスターでできるだけケーススタディの所属グループを変えるようにしています。(何もしないと同じグループのままです)
学習内容もそうですが、できるだけ多くの仲間をつくり、卒業後も繋がりたいと思っているので。

さて、本コースのスケジュールは2学期制+夏学期です。
各学期 (Semester) が更に2つ (Term) に分かれており、
各Termでそれぞれ3科目、夏学期は3つ、つまり年間15科目+2 (Pre Courseぶん) 勉強します。
そして、年5回のテスト期間があります。

8月末~10月上旬         :1st Semester, 1st term
10月中旬~12月上旬   :1st Semester, 2nd term

1月~3月上旬              :2nd Semester, 1st term
3月中旬~5月上旬       :2nd Semester, 2nd term

6月上旬~7月上旬       :Summer Semester (Fieldwork, Oversea trip含む)

おわりに

スケジュールは社会人にとってとても大切で、
仕事や家族との両立に悩んでビジネススクールに通えない、なんてお悩みの方のために
今回の記事を書きました。

タイ人の会社勤務者は、会社に早退の申請をしたりもしているようです。
(結構遠方から来ている人もいて、一番遠い人はサラブリとかから。)
皆さんが検討される際の参考になれば幸いです。

本日はここまでです。有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました