タイのバレンタインデー

未分類

日本とここが違う

2月14日はタイでもバレンタインデーです。
チャイニーズニューイヤーと被る時期でもあるのですが、
タイ人の配偶者や恋人がいる場合は日本と異なる習慣ですので注意しましょう。

男性から女性へ愛や感謝を示す日

よく知られているかと思いますが、女性からチョコレートを渡す日、
というのは日本の会社が作った文化だそうで、タイでは知られていません。
※歴史ある日系企業ではやってるのかもしれませんが、
あくまで誰かがおしえた日本の文化に倣っているだけだと思います。

タイの一般的な人々の認識では、男性から女性へ花を贈ったり、一緒にレストランへ行ったりしているようです。
(経験上、誕生日と違って特別なギフトは必要なさそうです。が、人によってだと思いますのでターゲットのニーズをそれとなくヒアリングしましょう。)

チョコレートの文化はない

上述のとおり、女性からなにかを用意することも無いですし、
男性からのギフトとしてチョコレートを選んでもいいとは思いますが、
別にバレンタインだからといってチョコレートが奨励されている訳ではありません。
何ならすぐ溶けちゃいますし、あんまりチョコを選ぶメリットもないかと。笑

義理チョコも勿論ない

職場での義理チョコなども勿論ありません。
※日系企業ではあるかもしれませんが、私は知りません。

ホワイトデーもない

3月14日は静かに過ぎ去っていくだけです。
お返しなんかは期待しててもありません。
※日系企業では (以下略

TODO (タイ人パートナーがいる男性向け)

レストラン予約

いつもよりちょっと良いレストランへ行きましょう。
お店によりますが、間近になると予約しづらいので、1週間前くらいには予約しましょう。

花束など

レストランではお花を渡している男性が多く、何もないとちょっと寂しく思わせてしまうかもしれません。

花の買い方はこちら↓↓

タイ女性の心理

自分の幸せを他人にも見て欲しい、という心理

私もまだ分からない事ばかりですが、タイ女性は日本人と異なり、自分がいま幸せであることを発信することに抵抗がありません。

タイ人の友達が増えていくと、InstagramやFacebookには毎日何らかの幸せそうな写真が出てきます。そういった人たちに対し「リア充」などと陰口を叩く人も殆どいません。

彼らが旅行に行っている時は逐一どこに行っているか分かるくらい頻繁にアップしています。
殆ど日本人の友達の投稿が出てこないくらいタイの友人で埋め尽くされています。

さて、そんな人柄の人が多いので、女性は特にイベント事で、自分が幸せな状況を人に振りまきたいのです。

東南ア、ネット利用長く タイは1日9時間超
東南アジアで動画配信を巡る競争が激しくなっている一因は、スマートフォンの急速な普及で、ネット利用時間が世界でもトップレベルに長いという地域特性にある。英調査会社ウィー・アー・ソーシャルによると、1日の平均利用時間はフィリピンで10時間、タイで9時間超に達する。タイの場合、そのうち3時間44分を動画視聴が占める。インドネ...

インターネット利用時間がアジアでも相当長い部類(9時間超)のタイでは動画視聴時間がもっとも長いそうです。
SNSの利用時間・頻度も日本と比べると相当高そうです。

そんな中で、女性たちは暇さえあれば常に動画やSNSを眺めています。
バレンタインデーになると、沢山の女性がパートナーと楽しそう・幸せそうな写真を投稿してきます。
上述の通り、そういった「投稿者に対して」何か思う事はあまり無い反面、自分の状況と見比べてしまうのです。

もし、自分のパートナーがレストランを予約しておらず、プレゼントや花もなかったら?
彼女たちは常に入ってくる他人の写真などと比べて、自分たちのことをとても惨めに感じてしまうようなのです。
(勿論、そうじゃない例外の人もいます)

女性心理の分析

マズローの5段階要求(Maslow’s hierarchy of needs)というのがマーケティングでは有名ですね。

Maslow's Hierarchy of Needs
Maslow's hierarchy of needs is a motivational theory in psychology comprising a five-tier model of human needs, often depicted as hierarchical levels within a p...

この中でいうと、”Love and Belonging”の部分が、タイの女性にはかなり大きなウェイトを占めているのではと感じます。

タイに限らず、中華系の文化がベースとなるエリアでは、欧米文化が入っているエリアの個人主義よりもこの部分のニーズが強そうです。
家族の仲もとても良いですし、何なら恋人の紹介もめちゃくちゃ早いです。

シンガポールの電話会社、Singtelの、Chinese New YearのCMは、中華圏の家族の繋がりの重要性や、人の心の弱さ(隣人とのやりとり)を教えてくれます。

家族、恋人とのBelongingに関するニーズが強い一方、他人の目はそこまで気にしない。
こういった特徴を理解しておくと、コミュニケーションのコツも分かるかもしれません。

勿論、ここまで書いてきたことが当てはまらない方も多くいるとは思います。
あくまであなたのパートナーと向きたう為のご参考まで。

皆様のバレンタインが上手くいきますと幸いです。
ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました